Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

定期課金日割り機能の紹介

PAY.JPの定期課金では課金日の指定を行うことができます。例えば毎月1日に課金を実行したい場合はプランに billing_day=1 と指定することで、定期課金の作成日時に関わらず毎月1日の午前9時に課金が実行されます。

この場合、初回課金のタイミングは作成時ではなく直近の課金実行日というのが現在のデフォルト仕様です。その為、初回課金時の前に定期課金を停止、キャンセル、もしくは削除した場合、課金が一度も行われることなくサービスを提供してしまう期間が発生します。

初回課金額の日割り

上記の挙動を回避する為、課金日が指定してある場合でも定期課金作成時にプラン料金の日割り計算を行い、初回課金を即実行するオプション prorate が2015年12月2日より使えるようになりました。以下が日割り計算課金を行うリクエストの例です。

リクエスト:

curl https://api.pay.jp/v1/subscriptions     \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036:         \
-d customer=cus_4df4b5ed720933f4fb9e28857517 \
-d plan=pln_9589006d14aad86aafeceac06b60     \
-d prorate=true

prorate=true とする事で日割り計算を有効化しています。この例ではプランにトライアル期間が設定されていない限り、必ず作成時に課金を実行します。

日割り額の計算方法

日割り金額は定期課金作成日から直近課金日までの日数、および直前課金日から直近課金日までの日数を元に算出します。

例えばプラン金額が1,000円、課金日が1日、課金作成日が11月17日だとします。この場合、作成日(11/17)から次の課金日(12/1)までの日数は14日です。また直前の課金日は11月1日なので次の課金日(12/1)までの日数は30日です。30日のうち14日分を課金するので、日割りによる課金額は1,000円 x 14 / 30 = 466円となります。

サービスの種類や金額などに応じて日割りの有効無効を切り替えることにより、柔軟に定期課金の管理を行うことが出来ます。ぜひご利用ください。